「Googleフォト」でiPhoneを解放しよう。

こんにちは、トモです。皆さん、iPhone使ってます? 僕は使ってます。

iphonese-select-2016-1

日本で初めて販売されたのが3G。それから、もうかれこれ8年が経つんですね。当時のディスク容量って、8GBか16GBでしたよね。当時は音楽データくらいしか入れるものがなくて、8GBでも充分、間に合ったのをよく覚えてます。で、いまや最大128じゃないですか。異常ですよね。うん、異常だと思う。そんなに使う用途なんて考えられなかったのに。

でももっと異常だと思ったのは、自分がいま使っている128GBのiPhone 6Sの「残り容量」が「あと100MB」って表示されたときでした。「100GB」ジャナイヨ、100「メガバイト」。128もあれば3年は持つだろうと思って選んだのに。ちょまじどーいうこと?! って焦ったんですけど、試しに妻のiPhoneも確認してもらったら、買って数ヵ月なのにもう60GB近く使ってたんです。

こりゃおかしいぞと、なんのデータがそんなに占めているのかを調べてみたんです。そしたら原因は「写真データ」でした。

つまりどういうことかというと、iPhone使う人って、これまでもiPhoneをずっと使い続けているケースが少なくないと思うんですけど、買い換えたときに真っさらなまま使うというよりかは、iTunesのバックアップデータで前のiPhoneを再構築しますよね? そのとき、写真は黙々と引き継がれているというわけ。で、これが意外なほど容量を食ってしまうんですね。僕の場合、80GB近くを写真データが占めていたんです。つまり僕は8年間の思い出をiPhoneのなかに詰め込んだまま生活していたと。そりゃ、データも食うわけですね。いや〜、思い出ってデータになっても〝重い〟というのは不思議ですね。

で、これ。バックアップをとろうにも、80GBってけっこう重いですよね。PCへ、と言っても、なかなかの負担。なにかいいアイデアないかなーと調べたんです。そしたらありました。選択肢はいくつかあるんですけど、最もスマートな手段が「Google Photo」っていうサービスを使うことでした。

スクリーンショット 2016-09-01 9.15.19

まず「Googleフォト」のなにがスマートか。

  • サービス使用料が無料。普段使いしているGoogleアカウントでそのまま使用が可能。
  • クラウド上でいつでも写真が確認できるため、友だちに見せたりデータ共有がとてもラク。
  • バックアップされる写真データは若干の圧縮がされるものの、原寸表示で見比べてもほぼ遜色のない画質とオリジナルサイズでバックアップされる。
  • バックアップが完了した際、iPhone内の写真データを一括削除する機能がある。

パッと挙げるとこんな感じでしょうか。Amazonでも同様のサービスがあるみたいですが、使用条件がプライム会員になることと、なによりもバックアップ完了後に一括削除する機能がないらしいので、僕は選択肢から外しました。というのも、iPhoneからの一括削除ってのが、何気に重要なポイントなんです。

iPhoneの写真って、削除するにも1枚1枚を選択する必要がありますよね。これ、何万枚と削除したいときに困るんですよね。その点においてGoogleフォトでは、バックアップが完了する頃、iPhone内の写真データを一括削除しますか?って訊いてくれます。メニューにも「端末の空き容量の確保」があって、それをクリックすると、すでにバックアップ済みの写真データを検索してくれます。あとはボタンひとつ押すだけ。ね、ラクチンでしょ? ま、バックアップが完了するまでには相当な時間がかかるんですけど、基本は放置でOKですから。

ファイル_000のコピー

なんとか容量も76.8GBまで増やすことができました!

最後に、Googleフォトで気をつけたいのは、これを使い始めた瞬間から、データ保存の基準はiPhoneじゃなく、Googleフォトになるということ。つまりGoogleフォトで削除した写真は自動的にiPhoneからも削除されるようになります。ま、それでもそれぞれで保存の仕方を変える方法もあるみたいなんで、「よし!Googleフォト使うぞ!」と決心された方は、導入する前にググッてみてくださいね。

この記事の著者

トモ・コスガ

トモ・コスガ

1983年生まれ、編集者。フォトグラファー・新田桂一に師事後、VICE MAGAZINE JAPAN編集部、EYESCREAM編集部、VICE MEDIA JAPANを経て独立。現在は故・深瀬昌久の作品管理と普及を目的とする「深瀬昌久アーカイブス」ディレクターを務めながら、主に写真関連の記事を書いたり、家事をしたり、ジムでマッチョを夢見たり、クワガタを飼育・採集、と多岐にわたって活動中。

http://www.tomokosuga.com/

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る