平成28年8月の編集後記。

今月の思い出はお盆に帰省した会津田島での虫取りでした。あとはひたすら仕事の記憶しか……

今月の思い出はお盆に帰省した会津田島での虫取りでした。あとはひたすら仕事の記憶しか……

ども、トモです。TSK再始動!ということで、自分のモチベーション維持も込め、毎月末に編集後記を残そうと思います。

今月はウェブサイトの完全リニューアルをしました。デザインも自分でやってるんで、ヒーヒー良いながら作り替えたんですけど、どうでしょうか。見やすいでしょうか。今月はインタビュー記事として、薄井一議さん、野村恵子さん、中田柾志さんの3名を紹介させてもらいました。そして新カテゴリーとして、BOOK REVIEWをスタート。読者の皆さんに慣れ親しんでもらうためにも、開始からしばらくは週に2〜3本の頻度で紹介していけたらと思います。

書評は仕事のほうでも色々書かせてもらっているんですが、こういうのってたいてい新刊紹介が基本なんですよね。かつ、取次で流通している本であること。でももう写真集の世界では矛盾が生じてて、面白い本はインディペンデントから出ているし、そんなに毎月毎月、いい本は出てこないんですよね。そういう意味で、個人的に抱いていた違和感を解消するためにも、TSKでは独自の判断基準から新旧まじえて紹介できたらと思います。

あと、映像ですよね。皆さんの目には奇っ怪に見えているかもしれないですが、写真集のクオリティは年々上がっていると思っていて、それは気軽に一冊を出せない時代だからこそ、一冊一冊に相当な思いを込めて作られているからなんじゃないかと。なら、文章だけでは伝わらないことがある気がしていて。映像で本を見せることからも、本の魅力を伝えられたらと思います。まあ、手間暇かかるんで、どこまでやれるかまず試すところからでしょうか。

それから、ニュースも新設しました。このカテゴリーでは、新着情報として流れてきたニュースを自分なりに説明させてもらいながら紹介しようと思います。

というわけで、TSK。がんばって更新していきます。いまのところ無料配信の形式なんですけど、ここまでの制作費がだいぶ膨らんでいます。制作費くらいはなんとかカバーできると、活動も維持していけますね。目指せ、スポンサー確保!w。

まあ、マイペースで無理なくやっていこうと思うので、どうぞ今後ともご贔屓に。あと感想や叱咤激励などなど、メッセージも送ってくれると嬉しいです。

トモ・コスガ

この記事の著者

トモ・コスガ

トモ・コスガ

1983年生まれ、編集者。フォトグラファー・新田桂一に師事後、VICE MAGAZINE JAPAN編集部、EYESCREAM編集部、VICE MEDIA JAPANを経て独立。現在は故・深瀬昌久の作品管理と普及を目的とする「深瀬昌久アーカイブス」ディレクターを務めながら、主に写真関連の記事を書いたり、家事をしたり、ジムでマッチョを夢見たり、クワガタを飼育・採集、と多岐にわたって活動中。

http://www.tomokosuga.com/

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る